• 小さな花農場です。

私たちの農場ではガーデンパフォーマンスが最高となるように心をこめて花の苗の生産をしています。

そのため一部の品種を除いて矮化剤(成長調整剤)(Growth Retardant)を使用していません。

矮化剤には、茎の伸長を抑えて草姿を改善する効果があるため、多くの農場で使用されていますが、副作用としてその後の成長を阻害する要因になることもあるとの指摘もされています。

矮化剤には幾つかの種類があり、2週間程度で効果の薄れるものから半年以上効果の続くものまであります。花壇に植えてからも成長しない場合は、効果の大きい矮化剤が使用されていることも考えられます。

矮化剤を使用していない花苗はおおむね成長が早く草姿を変えていきます。同じ姿の花を長く楽しみたい場合については、しっかりと矮化剤を使用して徒長を抑えた花が良いと思いますが、ガーデニングには矮化剤を使用していない花の苗をおすすめします。矮化剤を使用していない花苗でしたら、まるでお花畑のようにたくさんの花の咲き乱れるお庭をつくるのも簡単です。

しかしながら、矮化剤の使用の有無を見極めることは非常に困難になっています。そのため当農場では矮化剤を使用しないで生産した花の苗について「Growth Retardant Free™」と表示いたしました。

 

当農場における矮化剤の使用状況について

・ベゴニア:不使用

・ペチュニア:不使用

・日々草:不使用

・ジニアプロフュージョン:使用しています。

・インパチェンス:不使用

・金魚草(ソネットシリーズ):使用しています。

・矮性金魚草:不使用

・パンジー、ビオラ:不使用

・アリッサム:不使用

・葉牡丹:使用しています。抽苔が始まるまで草姿を維持します。

・花かんざし:不使用

・イベリス:不使用

・サイネリア(鉢花):不使用